読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己紹介

はじめまして!ランニングコーチの後藤です!

 

 

このブログでは

 

 

脛の痛みでランニング三日坊主だった私が

たった一ヶ月でハーフマラソン

完走できるようになった

激変ランニングメソッド

 

 

を紹介していきます!

 

 

 

 

ランニングが好きで思いっきり走りたい!

だけど脛の辺りが痛くて走れない…

そんなことありません?

 

 

 

今でこそ脛の痛みなく

ハーフマラソンを走れるように

なりましたが、

 

実は5年前まで僕はあなたと同じで

脛のあたりの痛みで全く

走れなかったのです。

 

 

 

走るのが好きで陸上部に入部したが

走るとすぐに脛が痛くなり

走れなくなる。

 

 

顧問の先生には

お前は意志が弱いから走れないんだ!

と精神論を言われ

 

 

友達には

練習きついからってサボるなよ

と馬鹿にされたり

 

 

痛みに耐え切れず接骨院に通うようになると

 

 

 

母親からは

走らないくせに治療費だけは立派にかかるのね

と嫌味を言われ、毎日喧嘩をしました。

 

 

 

 

誰も僕の痛みをわかってくれない。

ほんとは誰よりも走りたいのに

足が痛くて走れない。

 

 

 

 

気づけばランニングが嫌いになり

ケガのせいで家族先生友達

多くの人間関係が壊れていました

 

 

中学校から長距離走を始めて

全国大会まであと0.3秒で

行けなかった僕は

 

高校ではインターハイ行くぞ!

と意気込んで入部しましたが

ケガに悩まされ全く

走れなくなってました。

 

 

このままじゃ何のために

陸上を続けているのか

わからない…

 

 

そう思い

 

ケガを治すために電気治療

テーピングサポーター

痛み止め色々試しました。

 

 

 

しかし、結果は散々なものでした。

 

 

 

接骨院に1週間毎日通い、

電気治療をすると、

 

その間全く走らなかったこともあり

痛みはなくなりました。

 

 

 

やっと走れる!そう思い練習をすると

1週間ほどで痛みがぶり返してきました

 

 

 

そのあとテーピングやサポーターも

試しました。

 

 

 

テーピングやサポーターを

つけている間は痛みは和らぎましたが

 

痛い足をかばいながら走ったため

別の足、別の部位まで痛くなり

状況は悪化するばかりです。

 

 

 

 

また痛み止めを打って

練習をしたりしました。

 

 

 

すると痛み止めの効果で痛みがなくなり

思いっきり走ることができました。

 

痛み止め最高ーー!!って思ったのも束の間

効果がきれると激痛が走りました。

 

 

練習を強行したせいで今度は

階段の上り下りの日常生活にまで

支障をきたすようなる始末

 

 

 

 

この脛の痛み、足全体の痛みは

もう治ることはない…

そう諦めかけていた時

 

 

 

 

僕に

衝撃の言葉が降りかかります。

 

 

 

 

顧問の先生が

ケガばかりして走れないなら

マネージャーをやってもらう」 

 

 

僕は言葉を失いました。

走ることが好きで陸上部に入部したのに

マネージャー!?

 

 

 

それじゃあ走れないじゃん!!

 

 

 

今までお金時間もたくさん

かけてきたのに

マネージャーなんてできるか!!

 

 

 

先生の言葉で僕の意識は変わり

 

 

 

走っても痛まないように

ケガを治そうと決意しました。

 

 

 

そして思いっきり走れるようになって

僕を馬鹿にしてきた友達先生顧問

見返してやる

 

 

 

 

その一心で脛が痛くなる原因を調べつくし

ネットや本から情報をかたっぱしから探し

 

 

 

さらに、接骨院の先生や怪我を

治した先輩から話を聞きました

 

 

 

 

その中から効果がありそうなもので

自分でも簡単に継続できるもの

練習に組み込んでいきました。

 

 

 

するとどうでしょう。

 

 

 

最初の一週間で痛みがなくなり、

 

800m走るだけで痛くて走れなかった

僕が気づいたら走りきっていました。

 

方法を続けていると

1500mを走っても痛くなく

ベストタイムを出すことが出来ました!

 

その後も継続していくと

3キロ、5キロと距離を伸ばしても

ぜんぜん痛まないんです!

 

 

2週間後には10キロも

すいすい走れました

 

 

 

 

もしやと思い、続けてみると…

 

 

 

 

1ヶ月後…

 

 

 

 

20キロ走っても足が

痛まなくなったんです!!

 

 

 

今まで僕を馬鹿にしてきた友達は

どうしてそんなに楽に20キロも走れるんだ!?

すげーな!!!

と尊敬してくれるようになりました。

 

 

 

マネージャーになれと言ってきた

顧問の先生は、僕を県駅伝の選手に

選出して「おまえには期待しているからな!

と応援してくれました。

 

 

 

喧嘩ばかりしていた家族は

僕が大会で走るのを見ることを

いつも楽しみにしてくれました

 

 

 

 

いまでは

走るのが楽しくて

仕方ありません!

 

 

 

 

そしてある日

後輩の子が脛の痛みを

僕に訴えてきたのです。

 

 

僕は今まで自分がやってきた

ケガの治し方・練習法を教えて

あげたところ成功しました。

 

最初、後輩は「こんな簡単なことで

ケガせず走れるようになるんですか?」

と疑い気味でした。

 

しかし、まじめな後輩は

僕の教えたことを毎日練習に

取り込んで 、

 

 

その現状を細かく教えてくれました。

 

 

すると一週間、二週間と

続けていくうちにどんどん

痛みがなくなってきました!!

 

と笑顔で報告してくれること

増えていきました。

 

 

そして1ヶ月後には

痛みを気にすることなく

思いっきり練習に励んでいました。

 

そして、遂には

僕よりも速くなってしまいました(笑)

 

 

 

この後輩が成功したことで

「今まで自分がやってきた

練習法はメソッド化できる」

と確信しました。

 

 

 

「痛みを気にせず思いっきり

走れるようになりたい」

 

「ケガのしない正しい練習法を知りたい」

 

 

 

そんな願いを一人でも多くの方に

叶えてもらいたい!

 

 

 

そう思い、僕はこの

ランニングメソッドを

公開することにしました。

 

 

 

そうです。

 

 

 

この激変ランニングメソッドを次に実践するのは、あなたです!

 

 

 

あなたが足の痛みを気にせず

楽しく気持ちよくランニング

をする番なんです。

 

 

 

毎回のブログの内容を少しでもいいので

日常に組み込んでみてください。

 

本当に変わることを

保証しましょう。

 

 

 

それでは、

最後までありがとうございます。