読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誤った対処法!?

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です!

 


 

前回の続き、炎症の対処法を紹介します。

 

 

 

原因を知るだけではもちろん

ケガは治りません

 

 

治すには対処法を学ぶことが不可欠です。

 

f:id:goto-running:20170201152017j:plain

 

対処法を知れば、痛みがぶり返したときも

同じ対処法で治すことができ

以前よりも早くケガを

治すことができるんです!

 


 

という訳で対処法に移ります!

 

 


炎症の対処法…

 

 


それは…

 


 


アイシングです!!!

 

 


 

えっ?知ってる?

そして実践してるのに

効果がない?

 

そんなあなたは正しい

アイシングを知らない証拠です!

 

f:id:goto-running:20170201152031j:plain

 

あなたはアイシングを何分間してますか?

「寝たまま30分以上氷で冷やしてる」

なんてことはしていませんか?

 


また5分程度の時間しか

アイシングしてないなんて人は

いませんか?

 


 

それではアイシングの効果は

あまりありません

 

 


 

脛の痛み(シンスプリント)のときは

アイシングは12分~17分程度

目安に行ってください。

 

 


なぜかと言うと、

ふくらはぎは太ももなどと比べると細く

深部まで冷えるのが早いです。

 

 

それなのに、30分以上長くアイシングをすると

筋肉が固まり、血行が悪くなってしまうのです。

 

 

筋肉が硬くなっている状態で運動をすると

炎症がおこりやすくなるので

アイシングが逆効果になります。

 

f:id:goto-running:20170201152151j:plain

なので適切な時間アイシングをしましょう。

 

 

そしてアイシングを行うタイミングですが、

練習後お風呂上りは必ずやりましょう。


 

 

練習後やお風呂上りが一番炎症を起こしていて

一番熱を持っている時間であるからです。

 

 

 

以上がシンスプリントの

正しいアイシングの方法です。

 

 

 

「今まで何も考えずに

適当にアイシングしてた。」

と思ったあなた!

 



これからは正しいアイシング

痛みを治しましょう。

 

f:id:goto-running:20170201152211j:plain

では、記事内容を忘れないよう今すぐ

「脛のアイシングは練習後

お風呂上り12~17分やる。」

と音読してください。

 


 

はい、音読ありがとうございます。

 


 

原因に適した正しい対処法で

ケガを一日でも早く治しましょう!

 


 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。