読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽視していた〇〇は実は重要!

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です!

 

 

突然ですが、あなたはウォーミングアップ

きちんと行っていますか?

 

 

おざなりにしていませんか?

 

 

僕はおざなりにしていました。

 

 

f:id:goto-running:20170202034511j:plain

ウォーミングアップなんて

面倒くさい。

早く練習したい。

 

 

そう思う人は多いと思います。

 

 

 

しかし、あなたが思っている以上に

ウォーミングアップは大切なのです。

 

ウォーミングアップによりケガが予防でき、

試合や練習でのパフォーマンスを

あげることができます。

 

 

 

 

そこで今日はウォーミングアップの

目的について紹介します。

 

 

 

案外知られていないことですが

運動前のウォーミングアップには

たくさんの目的があります。

 

今日はそれらの目的のうち

ケガに関する3つの目的

伝えたいと思います。

 

f:id:goto-running:20170202034525j:plain

 

その3つの目的は…

 

 

 

1、体温をあげる

2、柔軟性を高める

3、動作の予行練習

 

 

です。

 

 

 

まず「1、体温をあげる」です。

 

体温を上昇させることで筋肉への

酸素の供給量が増え、筋肉の弾力性も

増して、ケガの危険性が減ります

 

アップをせず筋肉が硬くなっている

状態では普段よりケガを起こしやすくなります。

 

 

 

 

次に、「2、柔軟性を高める」です。

 

アップにより、体温が上昇すれば、

体の柔軟性が出てきて可動域を

高めることができます。

 

可動域が狭いまま走ると

膝や足首などの関節や筋肉に負担が

かかり思わぬケガの原因となってしまいます。

 

なので、可動域を高める

ウォーミングアップは大切です。

 

 

 

 

最後に「3、動作の予行練習」です。

 

これから行う動作を予行練習しておくことで、

本番動作の反応を高めることができます。

 

f:id:goto-running:20170202034541j:plain

「よし、これから運動するぞ」と 

脳だけで「これから運動する」と理解していても

体が理解していなければ体がケガをします。

 

なので、ウォーミングアップをして

体にも「これからこんな運動をするよ」

と教えてあげることで、急激な動作に

よるケガを防ぐことができます。

 

 

 

以上、ウォーミングアップの

3つの目的を紹介させていただきました。

 

 

 

ウォーミングアップにこんな

目的があったなんてびっくり

ですよね。

 

 

今までウォーミングアップを

おざなりにしていたあなた!

 

今すぐ、これからはウォーミングアップの

目的を意識してアップをすると

決意してください!

 

f:id:goto-running:20170202035137j:plain

目的意識を持つだけで効果は

倍以上違います。

 

 

 

これからは、なんとなく

ウォーミングアップをするのではなく

目的を意識して行ってください!

 

 

 

普段のアップからケガを

予防することができるのです。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。