読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外と間違える正しい順番!?

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です!

 

 

今回は練習前のウォーミングアップの

具体的なやり方を紹介していきます。

 

 

アップなんてやらずに、すぐ本練習

始める。なんてことはケガの元です。

 

 

f:id:goto-running:20170202040317j:plain

 

アップをきちんとやれば筋肉が温まり

柔軟性が増して、ケガを未然に

防ぐことができます!

 

逆にアップをしなければ、筋肉が

固まった状態で走ることになり、

膝や関節に大きな負担をかかり

ケガをしやすくなります。

 

 

 

なので、アップは本練習と同じくらい

真剣に取り組みましょう!

 

 

 

ではさっそく、ウォーミングアップの

基本的な流れを紹介します。

 

 

 

それは

 

 

ゆっくりとしたジョギング

     ↓

準備体操、ストレッチ

     ↓

  軽めのダッシュ

 

 

です。

 

 

f:id:goto-running:20170202040331j:plain

え、準備体操やストレッチを

先に行うんじゃないの!?

と思ったあなた!

 

 

いい質問ですね。

 

 

実は先にゆっくりとしたジョギングを

した方が効率がいいのです。

 

 

 

先にジョギングを行うことにより

体が温まって柔らかくなった状態で

準備運動やストレッチを行えるので

体の柔軟性を高めやすいのです。

 

 

しかし、

ジョギングをする前に準備体操をすると

体がまだ、硬い状態なので

柔軟性を高めづらく効率が悪くなるのです。

 

 

 

いままで先に準備運動やストレッチを

していたのなら、

 

 

 

これからは先にゆっくりとした

ジョギングをして、体を温めてから

準備運動などを行うようにしましょう。

 

 

f:id:goto-running:20170202040348p:plain

また、準備運動後の軽めのダッシュ

ついてですが、

 

 

70mほどの距離を気持ちよいくらいに

ダッシュすることで、心臓や血管などに

対して負荷を与え、激しい動きへの準備を

つくることができます。

 

 

 

そうすることで、本練習での

スピードの速い練習の時でも

効率よく血液が心臓に行き渡り

パフォーマンスを向上することができます。

 

 

これからは正しいウォーミングアップ

して、ケガを予防し、練習の質も

あげていきましょう!

 

 

 

ここまで読んでくださったあなたに

やってもらいたいことがあります。

 

 

 

今すぐ、正しいアップをして

練習で思い切り走れている自分を

想像してみてください!

 

f:id:goto-running:20170202040439j:plain

いつもより伸び伸びとした

走りをする自分が思い浮かんだ

ことでしょう。

 

 

そんな自分を実現するための

ウォーミングアップをしましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。