読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸刃の剣練習法

 

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です!

 

 

体に負荷をかけても

速くなりたい。

 

 

強力なトレーニングをしたい。

 

 

 

そんなあなたの願いを

叶える練習を今回は

紹介したいと思います。

 

 

 

ジョギングをしたり、ダッシュを

したり、そんな短調な練習で

伸び悩んでいるあなた

 

 

 

これを知れば走りの爆発力、

持久力が飛躍的に向上します。

 

 

f:id:goto-running:20170202172801j:plain

飛躍的にタイムが上がる練習法

 

 

その練習法は…

 

 

インターバル走です!

 

 

 インターバル走とは長距離の

練習法のひとつで、速く走るのと、

ゆっくり走るのを交互に行う練習です。

 

 

インターバル走により

身体への負荷をかけることで、

持久力の向上、心肺機能の強化されます。

 

 

 

その結果、終盤の加速や

レース中のペースダウンが

改善される効果が期待できます。

 

f:id:goto-running:20170202173053j:plain

 

インターバル走により

飛躍的にスタミナが上昇し、

タイムもあがるのです。

 

 

 

しかし、この練習法は

速い動きと遅い動きを交互に

繰り返すため

 

 

身体へのダメージが非常に

大きい諸刃のつるぎ言えます。

 

 

 

なので、行うとしても

週に1回、多くても2回が限度です。

 

 

 

インターバル走はどうやるの?

 

f:id:goto-running:20170202173116j:plain

 

インターバル走の距離設定は

さまざまですが、ランニングを

始めたばかりであれば

 

 

200mダッシュ→200mジョギング×5本

 

 

から始めると良いでしょう。

 

 

 

これでは負荷が足りない

感じられるようになったら

 

300mダッシュ→200mジョギング

       ×5本を2セットや

 

400mダッシュ→200mジョギング

       ×7本2セット

 

などのようにダッシュの距離を

伸ばしたり、ジョギングの距離を

減らしたり、本数を増やしたり

すると良いです。

 

 

 

マラソンランナーになると

5000mのインターバルを行う

選手もいます。

 

f:id:goto-running:20170202173135j:plain

 

あなたも自分にあったインターバル走

見つけましょう!

 

 

しかしインターバル走の効果は絶大ですが

負担も大きいので練習に取り入れる際は

細心の注意を払ってくだっさい!

 

 

インターバル走は

週に1回、多くても2回です!

 

 

今すぐ、音読してください。

 

 

適度に身体に負荷を与え

よりスタミナを向上させましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。