読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これを知れば大会で大活躍!

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です!

 

 

 

大会や練習で走っている時

後半バテてペースが遅くなる

 

 

そんな経験ありませんか?

 

 

 

僕も昔はそうでした。

 

 

 

走り始めは調子が良くて気持ちいけど

距離が進むにすれ苦しくなり、

ペースが落ちていく。

 

 

周りの友達に抜かれていく。

 

f:id:goto-running:20170202170655j:plain

そんな悲しい経験を幾度となく

繰り返しました。

 

 

 

しかし今回紹介する練習法で

後半バテる悩みを改善しました

 

 

 

あなたも僕と同じように

後半の体力不足で悩んでいる

ようなら必見です。

 

 

 

後半バテることがなくなる魔法の練習法

 

 

今回紹介する練習法は

ビルドアップ走です。

 

 

 

ビルドアップ走とは

 

 

 

最初はおしゃべりが出来る程度の

スピードで走り始め、途中でいつもの

ペースまであげてそれを維持します。

 

その後さらにペースを上げていき、

いつもより異常に速いペースまで

追い込んで走りきるという練習法です。

 

 

 

少しずつ走るスピードを上げていくことで

心肺機能筋持久力強化されます

 

 

 

 

その結果、

 

 

レース後半まで持つスタミナを

養成することが出来るのです。

 

f:id:goto-running:20170202170910j:plain

そんな素晴らしい練習法

早く試したい!

 

 

 

そう思ったんじゃないですか?

 

 

 

では、具体的なビルドアップ走を

紹介していきます。

 

 

ビルドアップ走の具体例

 

 

 

まずは走る距離とスピードを設定します。

 

 

 

個人の体力のレベルや目標によっても

違いますが、スタートしてから最初の

1~3kmは会話をしながら

走れる程度にゆっくりと走ります。

 

 

次の1~3kmではややペースを上げて走ります。

 

 

次第に目標のタイムに近付け、

最後は目標より速いペースで

走るようにしましょう。

 

 

 

f:id:goto-running:20170202170933j:plain

僕がよく行っていた

ビルドアップ走は

次のようになります。

 

 

10キロのビルドアップ走で

2キロごとに20秒あげていく

練習をしていました。

 

 

0~2キロ 1キロ4分40秒ペース

2~4キロ 1キロ4分20秒ペース

4~6キロ 1キロ4分ペース

6~8キロ 1キロ3分40秒ペース

8~10キロ 1キロ3分20ペース

 

 

のような練習をしていました。

 

 

 

ランニングを始めたばかりなので

あれば、6キロほどのビルドアップで

2キロごとに10秒上げるペース

走ると良いと思います。

 

 

 

練習をしていくうちに

自分に合ったスピード

見つけましょう!

 

 

f:id:goto-running:20170202170955j:plain

ここで注意点があります!!

 

 

このビルドアップ走は、身体に

負担がかかる練習です。

 

 

そのため、走る前後は

必ず入念なストレッチ、

アップを行ってください。

 

 

また、無理なペースアップは

ケガにつながります。

 

 

 

週に1、2回体の調子が良いとき

行うようにしましょう。

 

 

 

では、ここまで読んでくださった

あなたに、今すぐしてもらいたいことが

あります。

 

 

自分に合いそうなビルドアップ走

の考えてみてください!

 

 

ビルドアップ走で

後半でバテる自分に

おさらばしましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。