読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰もが知ってるが忘れがちな〇〇

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です!

 

 

 

今日は

「ランニング継続のコツ」

について紹介します。

 

 

 

これを知っていればあなたはランニングを

持続して行うことが当たり前となり、

周りに圧倒的な差をつけることが

できます。

 

 

 

走ることが歯磨きや顔洗いなどと同じ

ように日常に組み込まれ、知らない

うちに体が絞れ、くびれや引き締まった

脚を手に入れることができます

 

 

 

継続して走り続けることにより

自己記録もどんどん更新して

走ることがますます楽しくなります。

 

f:id:goto-running:20170204013722j:plain

 

 

 

逆にこれを知らなければ

あなたは効率の悪いランニングしか

できず、成長できません。

 

 

走る力をつけたいと思っても

効率が悪いので練習したとおりの

力がつけられなくなります

 

f:id:goto-running:20170201152151j:plain

 

 

これを「スリーバランストレーニング」といい

食事・休養・トレーニングをバランス良く

行うことを言います。

 

 

 

どれかひとつでもおろそかになると

バランスが崩れてしまい持続させることが

できません。

 

 

 

一つ一つを重要に考え取り組むことが

大事になってきます。

 

 

 

ではどうすればいいのかというと

 

 

 

しっかりとランニングを行うことは

あなたも意識していると思います。

 

 

では走っていればそのあとの

食事を疎かにしていいのか

というとそうではありません。

 

 

例えば車は便利であり速く

どこまででも走ってくれます。

 

ですが、車は「ガソリン」という

栄養がなければ

走ることができなくなります。

または故障の原因となります。

 

 

栄養を補給してあげることで

また走り出すことができるのです。

 

 

 

人間も同じです。

いくら走っても食事を疎か

にしていると必ずがたがきます

 

f:id:goto-running:20170204013918j:plain

 

走るのが辛くて疲労が溜まって

疲れた状態になってしまうのです。

 

 

なので食事はしっかりと食べてください

 

 

とくにランニング後の食事はバランスの

とれた食事をすることでランニングの

効果をよりいいものにしてくれます

 

 

 

また「睡眠」も重要です。

f:id:goto-running:20170204013958j:plain

睡眠不足ではやる気がでなかったり

疲れが取れずに、しんどいはずです。

 

 

そんな状態でランニングをすると

力をつけるどころか

体が更に疲れてしまいます

 

 

元気な体でのランニングの疲れと

疲れきった体でのランニングの疲れでは

別物といっていいほどに効果はちがってきます。

 

 

 

睡眠と同じく「休養」も大事です。

f:id:goto-running:20170204014123j:plain

100%で走り続ければ必ず壊れてしまいます。

 

 

少し強度を増して走ってしまったなら

次の日は強度を下げたり、お風呂で

リラックスしたりマッサージや

ストレッチをすることも大事です。

 

 

これらをバランス良く行うことで

走ることが簡単に

継続できてしまいます。

 

 

どれかを疎かにしてしまうと

いつか嫌になってしまう

時がきてしまうのです。

 

 

 

さっそくあなたの

食事・休養・トレーニング

を思い返してみてください。

 

どれかひとつでもおろそかになっていれば

今すぐ改善してください。

 

 

f:id:goto-running:20170204014211j:plain

そうすることであなたは「持続」

することが身につくので

ランニングの効果がより発揮され

 

絞れた体を手に入れたり、

長い距離走る力がついたり、

更に向上することが可能になります。

 

 

 

簡単なことであなたは更に

成長することができるのです。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。