読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一流選手と同等レベルになれる〇〇!

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です!

 

 

 

現役時代でも、今でも、

走り出した中学時代でも

走り終えた後って、

いつでもしんどいです。

 

 

 

当たり前ですよね。

 

 

 

余裕をもってジョギングを

した後はそうでもなくても

 

 

ある程度強度をあげると、走り終えたら

倒れ込んで水分補給してすぐに

部屋に帰ってゆっくりしたい

思ってしまいます。

 

f:id:goto-running:20170204221336j:plain

 

 

 

「今日はお疲れさん」

 

 

 

そう自分に言い聞かすように

大好きなコーラを

がぶ飲みしたい!

 

 

 

考えたら最高すぎます。

 

 

 

 

でも、そうはいかないんですよね。

 

 

 

ちゃんと走り終えたら

しないといけないことがあります。

 

 

 

なので今回は 

 

 

「ランニングを終えたときにするアレ」

 

 

 

についてお話します。

 

 

 知れば疲労が残らない!!

 

f:id:goto-running:20170204221502j:plain

これを実践していればあなたは

ケガから程遠くなり

走り続けることが出来ます

 

 

 

体が疲労することが

なんなのかわからなくなる

くらいに体に疲労が残らなくなります。

 

 

疲労が残らない走りができれば

学校や会社でもすっきりとした

気分でいれて周りとの人間関係も

うまくいきます

 

 

 

スポーツ選手であれば

必要性を理解し当たり前

のように取り入れていることです。

 

 


つまりはトップランナーや一流選手と

同等のレベルに達する行動をする。

 

 

と言っても過言ではないです。

 

 

 

 知らねば地獄。

 

f:id:goto-running:20170204221601j:plain

逆にこれを理解していなければ

あなたは走った疲労が抜けなくなり

走ることが辛くなります。

 

 

 

走るたびに疲労が積み重なっていくので、

重い体を引きずるような

感覚で走らないといけません。

 

 

 

昨日より今日、今日より明日、

日々体重が重くなっていってるんじゃないか

思ってしまうくらいに辛くなります。

 

 

もう走りたくない!

辛い状態で走らないといけないので

 

 

 

 

と思ってしまうかもしれません。

 

 

 

 

これは

 

 

「クーリングダウン」

 

 

といいランニング後に

ゆっくりなペースで

ランニングをしたり、

 

ウォーキングをして心拍数を下げ

溜まった乳酸を速やかに

除去するために必要な運動です。

 

 

f:id:goto-running:20170204221801j:plain

 

呼吸が乱れているような激しい

運動時には必ずといっていいほど

必要なことでありそうでない場合でも

行うことで疲労回復を促進します。

 

 

 

陸上選手であれば、ヘロヘロになるほどの

練習後でも20分程度ゆっくりな

ジョギングをしてクーリングダウンを

しています。

 

 

 

 

 

ではどうやるといいのかというと

 

 

 

ランニングを終えるときに

ペースを落としゆっくりな

ランニングに切り替えます。

 

 

 

そのときに

リラックスするようにします。

 

 

f:id:goto-running:20170204221851j:plain

 

ゆっくりなジョギングだけで

終える人やウォーキングだけで

終える人もいますが

 

 

 

心拍数をゆっくり下げていくためにも

ゆっくりなジョギングから

ウォーキングをすること

オススメします。

 

 

5分から10分程度行うといいです。

 

 

 

ジョギングを終えたらペースを

徐々に落とし、ゆっくりな

ジョギングに切り替えていき

ウォーキングに切り替えます。

 

 

呼吸を整えリラックスしてください。

 

 

 

その後は、全身の筋肉を

伸ばすために体操、

そしてストレッチを行います。

 

 

 

これらを行うことで疲労物質の

蓄積をなくし疲れを

残さないようにすることができます。

 

 

疲れを残さなければ

次の日に質のよい練習ができ

よりタイムが向上します。

 

 

また、ケガの予防にもなり

ランニングを継続することができます。

 

 

ケガをしなければ、のびのびとした

楽しくランニングをすることができます。

f:id:goto-running:20170202040439j:plain

 

 

これを当たり前のように

行うことができれば

もう一流選手といいっても

過言ではないくらいです。

 

 

 

走ることだけが大事なのではなく

走った後も重要です。

 

 

今すぐ、走った後にクーリングダウン

をする自分を想像してください。

 

 

 

体に疲労を残さないことは

走り続ける上で大変重要なことなので

是非取り入れるようにしてください。

 

 

 

そうすることであなたはケガを

することなくランニングを

継続することができ、記録の向上や

引き締まった体を手に入れることができます

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました