読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れ知らず?〇〇を使ったランニング!

無料のランニングの極意レポートの受け取りはコチラから

↓ ↓ ↓

http://goto-running.hatenablog.com/entry/2017/03/04/230451

 

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です!

 

f:id:goto-running:20170202173053j:plain

 

変な走り方で笑われる

 

中学生のころ…

陸上競技場などで走っていると

周りからクスクス笑い声が

聞こえてきました。

 

「あの人の走り方変じゃね」

 

それは僕を指差して言っていました。

 

えっ?僕の走り方の

どこがおかしいの?

 

笑われたことがショックで

自分の走りをビデオに撮って

確かめるてみると

 

本当に走り方が変でした。

 

 

腕を前の方で振っていて

すごく不恰好でした。

 

f:id:goto-running:20170205204838j:plain

 

とても変なんです。

 

あなたも周りの人から

笑われないように腕振りには

気をつけましょう。

 

 

 

笑われない綺麗なフォーム 

 

 

ということで今回は

「腕振り」

について紹介します。

 

 

僕は走っていると

脚は疲れないときでも

いつも腕が疲れてしまい

 

 

もう休みたい。

 

走るの楽しくない。

 

f:id:goto-running:20170202170655j:plain

なんて気持ちになることが

多くありました。

 

 

 

しかし正しい腕振りを知れば

 

走っていても腕は疲れなくなり

心地よく長い距離を

走ることが出来ます。

 

正しい腕振りをすれば、走るフォームも

綺麗になり友達や周りのランナーから

「走り方がかっこいい」と賞賛されます。

 

そして腕振りは走るときの

正しいリズムを作るので

テンポ良く走ることができ、

自然とタイムも向上します

 

 

逆に正しい腕振りを知らなければ

「走り方が変だ」と笑われたり

 

 

走っていても腕が疲れて

走ることが嫌になります。

 

また変な腕振りをしてると

走るフォームが悪くなり

タイムも伸び悩むことになります

 

 

あなたは正しい腕振りをして

周りのランナーに差をつけましょう!

 

 

 

 

今まで使ってなかったアレを使う!

f:id:goto-running:20170205205059p:plain

正しい腕の振り方は

肩甲骨(けんこうこつ)

使って腕振りを行うことです。

 

 

箱根ランナーやマラソン選手は皆

肩甲骨をうまく使って走っています。

 

肩甲骨を使って走ると

ランニングフォームも

綺麗になりタイムが向上するのです。

 

 

つまり、肩甲骨を使って走らないと

走れないと言ってもいいです。

 

 

 

もしあなたが肩甲骨を使った走りを

することができれば周りのランナーに

圧倒的な差をつけることが出来るでしょう。

 

そして、腕の疲れない、楽で楽しい

ランニングをすることが出来るのです。

 

 

 

 

肩甲骨を使うのは簡単!?

f:id:goto-running:20170202040331j:plain

 

「肩甲骨なんて使ったことないから

どうすればいいか分からない」

 

と言う方もいるでしょう。

 

 

でも、実は肩甲骨を

使って走るのは簡単なのです。

 

 

 

その具体的な方法とは…

 

肩の力を抜いて腕を振るのではなく、

肘を引くことを意識することです。

 

 

肩の力を抜いて、肘を引こうとすると

自然と肩甲骨を使うことが出来るのです。

 

 

 

また、肘を引いただけじゃ

腕振りにならないと思われがちですが

 

肘を引くと振り子の原理で

自然と腕が前に戻ります。

 

 

 

逆に、腕を振ろうとすると体の前で

振ってしまったり、肩に余計な力が

入ってしまってフォームが悪くなり、

疲れるしタイムも伸びません。

 

 

走り方がおかしい人、腕がすぐ

疲れる人はたいてい腕を振ることに

意識して走っています。

 

 

あなたは周りのランナーに

差をつけるために走るときは

肘を引くイメージで走りましょう。

 

 

このように意識を少し変えるだけで

見違えたように走り方が綺麗になり

効率のいい腕振りができ、タイムも

向上します!

f:id:goto-running:20170202040439j:plain

 

早速試して良い走りへ

 

今すぐ、肩の力を抜いて

肘を引いてください!

 

肩甲骨が使われていることが

わかるはずです。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

無料のランニングの極意レポートの受け取りはコチラから

↓ ↓ ↓

http://goto-running.hatenablog.com/entry/2017/03/04/230451