読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らないと大惨事!

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です!

 

 

 

今回はウォーミングアップの

効果の継続時間について

紹介します。

 

 

 

アップをきちんとしたのに

体が全然動かなかった。

 

 

そんな経験ありませんか?

 

 

その原因はアップ後の

運動するまでの時間

関係しています。

 

f:id:goto-running:20170202174641j:plain

 

これを知らないでいると

アップしたのに練習や

大会で全然走れない。

 

 

なんてことなります。

 

 

アップの効果の継続時間を

知れば、アップを最大限

有効活用することができ

 

練習や大会でも最高の

パフォーマンスをすることが

できるのです!

 

 

 

 

アップの効果持続時間

 

f:id:goto-running:20170202174654j:plain

 

ウォーミングアップの効果が

 

 

最も本番でパフォーマンスが

上がるのはウォーミングアップ

15分後です!

 

 

 

 そして、ウォーミングアップ効果の

持続時間は時間が経過するにつれて減少し、

1時間の休憩を挟んでしまうと

ほとんどが消失してしまうのです。

 

 

 

ウォーミングアップのあと

本練習まで1時間の休憩をいれて

しまっていたのなら

気をつけましょう。

 

 

 

 

どうやる?

 

f:id:goto-running:20170202174709j:plain

 

ウォーミングアップは

本練習や大会の15分前に終える

ことを意識して行いましょう!

 

 

 

しかし、30分程度の休息であれば、

その効果は軽度の減少ですむので

30分以内を目安にするのでも良いです。

 

 

また、本番に何分時間があるにしても

ストレッチング軽度のエクササイズ

衣服の着脱など、

 

 

体温の急激な低下防止に

努めることが大切になります。

 

f:id:goto-running:20170202174724j:plain

 

適切な時間にアップをして

最高の状態で本番に臨みましょう!

 

 

ここまで読んでくださった

あなたに、今すぐやってもらいたい

ことがあります。

 

 

今から2時間後に大会があるとして

何分前にアップをすれば

いいか考えてください。

 

 

アップ終了時から15分後が

最高の状態ですよ。

 

 

これを忘れなければ大会で

良い結果を残せます。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。