読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたのアノ悩み解消します

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です。

 

 

 

「長く走るためには上下動が

ないほうがいいから

今日から歩幅を狭くしろ!」

 

 

「少しでも大きく足を出して

進んだほうがゴールに近づけるから

歩幅は大きいほうがいい」

 

 

 

これは中学時代に

言われたことのある言葉です。

 

 

 

 

それまで何も考えずに走っていた

僕はどうしていいか

わからなくなってしまいました

 f:id:goto-running:20170204031725j:plain

 

丁度同じ時に別々の人から言われて

わけがわからなくなっていました。

 

 

 

 

自分でも試してみたけど、

何かしっくりこなかったり

変に足が張ったりしてしまいました。

 

 

 

もしかしたら、こんな悩みを

持っている人がいるかもしれません。

 

 

 

適切な歩幅は?

 

 

f:id:goto-running:20170204031922j:plain

 

そう悩み出したら、

本当にわからなくなってしまいます。

 

 

 

なので今回は

「走る歩幅」

について紹介いたします。

 

 

 

これを知っていればあなたは

楽に走れることができ、

スピードに乗ることもできます。

 

 

走るときに無理に何も考えなくてもいいので

走ることを楽しむことができ、

気持ちの良いランニング

楽しむことができます。

 

 

あなたに合う走りが身につくので

自分自身の走りが固まり、

走りがよりよいものになり

記録も向上します。

 

 

 

実際に当たり前のようですが、

自分の走りが固まると

いろいろな部分を意識できたり、

 

余裕が出てきたり

走ることが楽しくなります

 

f:id:goto-running:20170202170933j:plain

 

 

 

逆にこれを知らなければあなたは

早く筋肉が疲労してしまい

すぐにペースダウンをしてしまいます。

 

 

 

走りがブレブレになってしまうため

早い段階で疲れ、なかなか

長く走れなくなります。

 

 

ケガを繰り返してしまったり

ケガすることが癖となり、

ランニングを持続させることが

できなくなってしまいます。

 

 

 〇〇走法!

f:id:goto-running:20170204010332j:plain

 

走りには、歩幅を狭くした

 

「ピッチ走法」

 

 

歩幅を広くした

 

ストライド走法」

 

の2種類があります。

 

 

 

脚筋力が弱かったり足が短ければ

「ピッチ走法」になりがちです。

 

 

脚筋力が強かったり、腰を高く保って走れる人、

足の長い人は「ストライド走法」

になりがちになります。

 

 

ストライド走法のほうがカッコ良くみえたり

速く走れそうにみえますが、

 

そのぶん脚への衝撃が

強く脚筋力がなければ

ケガをしてしまいます。

 

 

 

自由でいいの!?

 

f:id:goto-running:20170204032015j:plain

ではどうやって走ればいいのかというと

あなたの思うように足を

だしていくことが大事です。

 

 

無理のないストライドを保つことが

長く走る上で必要となります。

 

 

なので無理にストライドを狭くしたり

広くして走ろうとすることは

楽に走ることとは程遠くなってしまいます。

 

 

 

あなたの筋肉や骨格は他の人とは違います。

 

 

いくら憧れた走りがあっても

それがあなたにとって

良い走りとは限りません。

 

 

 

逆に無理をしてしまう

走りの可能性もあります。

 

 

 

 

長い距離を走る上では「ピッチ走法」

のほうが良いといわれますが、

 

 

あなたが楽に走ることが

できる歩幅が一番いいです。

 

 

f:id:goto-running:20170204032302p:plain

 

あなたがランニングするときには

あなたの楽な歩幅で走るようにしてください。

 

 

無理に歩幅を考えて

走ることはあなたにとって

マイナスになってしまいます。

 

 

 

ピッチ走法でもストライド走法でも

無理ない走りであれば大丈夫です。

 

 

 

あなたが、無理して歩幅のことを

考えているなら

何も考えずに走ってください。

 

 

これを実践すればあなたは

楽に走ることができ

 

ランニングの楽しさを

もっと知ることができます。

 

 

 

走ることが楽しくなり、

知らないうちに力をつけることができ

自己記録も更新していけます。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。