読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しなくてはいけないアレ!

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です!

 

 

 

 

いくら好きなことだといっても

さすがに休みたくなること

ってありますよね。

 

 

 

そこを気合いで365日続けれたら

それは周りの人とは比べ物にならないくらい

上達したり強くなったりしますよね。

 

 

 

人間はそんなに強靭な精神を

持ち合わせていません。

 

f:id:goto-running:20170204223919j:plain

 

現役で陸上競技をしていた頃は

しんどいときほど休みが

欲しくてたまらなかったです。

 

 

夏場は1ヶ月半ほど休みなしに

練習を続けていたので

走ることが大嫌いでした。

 

 

 

好きになりたくても

毎日15キロ近く走っていたら

嫌で嫌でたまらなくなるんです

 

 

 

走る気持ちを継続して

持ち続けたり体をいい状態に

保つためにも休むことって重要です。

 

 

 

なので今回は

 

 

「休養」

 

 

についてお話します。

 

 

 

 

 楽しいものにするために!!

 

f:id:goto-running:20170204224609j:plain

これを理解していればあなたは

ランニングの楽しさを忘れることなく

走り続けることができます。

 

 

 

ランニングを「楽しいもの」という

捉え方が出来るので、あなたは

ランニングを行うごとに成長していき

急激な成長を遂げることができます

 

 

また、体や気持ちの回復としても

とても効果的です。

 

 

もはや休養なしには走り

続けることはできないんじゃないか

と言ってしまってもいいかもしれません。

 

 

f:id:goto-running:20170202043008j:plain

 

もしこれを理解していなければ

あなたはランニングを楽しいもの

捉えることができなくなり

 

 

苦しいものとして捉えて

しまうことにつながり、

成長することが遅くなります。

 

 

 

ランニングウエアに着替え

靴を履き走る準備をしている

ときには気分がのらなくなり

 

 

何のために走っているのか

わからなくなるかもしれません。

 

 

走ることがストレスに感じて

しまうようになりかねません。

 

 

 

現に中学時代には1日休むと

体力を取り戻すのに3日かかる

散々に言われていて

 

 

ほぼ365日走っていたので

走ることが苦痛でした。

 

 

 

あんな思いで走ることは

絶対にいけないと

身をもって経験しました。

 

 

 

 

 

体調が優れないとき

気分が乗らないときには

走らないくていいんです。

 

 

 

楽しく行うはずのランニングを

少しでもきつく嫌な状態で行うことは

あなたにとってマイナスになるので

やめたほうがあなたのためです。

 

 

最悪の状態とは?

f:id:goto-running:20170204224947j:plain

 

どのような状態の時に

やめたほうがいいのかとうと

 

 

 

・二日酔いのとき



・脚に痛みがあり、走るときに

    気になってしまうとき



・熱があったり風邪を

    ひいていて体調が悪いとき



・睡眠不足であったり生活リズムが

    崩れてしまっているとき



・走る気分になれないとき

 

 

 

このような状態の時には

走らないほうがいいです。

 

 

このような状態の時は

あなたの体に異常があったり

これから異常がでてきてしまうので、

 

無理に走ることはそのような

状態に近づけてしまいます。

 

 

 

思い切って休むことであなたの

状態はよくなったり気分がスッキリ

したりしていい状態になっていきます。

 

 

 

長い目でみると

 

f:id:goto-running:20170204014211j:plain

 

今休んで回復するのと無理をして

ズルズル悪い状態を引きずるのでは

大きな差が生まれます。

 

 

楽しく行うランニングは

楽しめるときに行うことが一番です。

 

 

 

継続することは一番いいこと

ですが無理して継続することは

いいことではありません

 

 

 

ときにはリフレッシュもかねて

 

体を休めてあげる。

 

 

心を休めてあげる。

 

 

また、あなたの他の趣味や楽しみを

犠牲にすることでストレスを

感じてしまっては意味がありません。

 

 

 

時にはランニングを休んで

趣味などに没頭するのもいいです。

 

 

 

甘えて走らないことと

無理をしないことは違うので

自らの判断で行うようにしてください。

 

 

 

 

僕は本当に気分が乗らないときや

疲労困憊できつすぎるときには

 

f:id:goto-running:20170204014123j:plain

もういい、サボってやる。

 

 

と思っていました。

 

 

 

真面目な性格だったので

体がきつくとも罪悪感をかかえたり

 

 

ここで走ることで強くなれるんだ!

 

 

と思って無理をしがちだったのですが

 

 

 

うまくコントロールする方法として

吹っ切れるようにしたら、

休めるようになりました

 

 

真面目な人ほど休養を

うまく取り入れてください。

 

 

休むことも練習です。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。