読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アノ姿勢がもたらす悪影響

無料のランニングの極意レポートの受け取りはコチラから

↓ ↓ ↓

http://goto-running.hatenablog.com/entry/2017/03/04/230451

 

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です!

 

 

走りに悪い姿勢

 

僕は気づいた頃から猫背でした。

f:id:goto-running:20170205212232j:plain

 

 

肩甲骨のあたりがだるいというか

首が前になる姿勢が楽というか

 

 

猫背はよくないと知っておきながら

何もせずにいたんですが、

走るときには猫背は大きな敵となって

襲いかかってくるなんて知りませんでした。

 

 

僕は走っていて疲れてくると

腰が引けてくることに加えて

猫背になってしまっていました。

 

 

自分ではわからずに走っていましたが、

顧問の先生、友人にまで指摘されたので

本当に直さないといけない

思ったのが高校時代でした。

 

 

 

猫背によって走りに影響して

苦しんでいたことがあったので

 

もし、疲れてくると猫背になるので

あれば是非改善して

ほしいという思いも込めて

 

 

今回は

「ランニングのときの猫背」

についてお話したいと思います。

 

 

変えれば良い走りに!

f:id:goto-running:20170202173135j:plain

あなたがもし猫背であって、このことを

理解していればランニング時の猫背を

改善することができ、私生活からも

猫背を治していけるかもしれません



ランニング時にはこれまでになく

楽に走れ、呼吸がしやすくなるので

楽しく走ることが出来ます

 

 

猫背だった僕もランニング時の

猫背を改善しようとしたことで

普段から猫背がなくなりました

 

 

ランニングでも呼吸がしやすくなり、

体幹で走ることが出来たので

速く楽に走れるようになりました。

 

知らなければ辛いだけ

f:id:goto-running:20170202034511j:plain

もしこのことを知らなければ走る時も、

そして走った後も辛い状態を持ちながら

生活しなければなりません

 

 

まるで体が老いてしまったか

のようにしんどくなり、

気分も良くなくなります。

 

 

まさに僕がそうでした。

 

 

走る時も私生活でも何か気持ち悪い

感覚を持ってしまうことがあり、

嫌だったり気分が良くなかったりしました。

 

 

 

 

ランニング時に猫背になって

しまうということは

「普段から姿勢が悪い」

ということです。

 

 

そして

ランニング時の猫背は

呼吸をしづらくし、

腕も振れなくなります

 

 

猫背になると胸郭を

開くことができません。

 

 

つまり、呼吸をする上で重要な肺を

広げて酸素を取り入れることができず、

効率の悪い呼吸をしなければ

ならなくなります。

 

 

つまり、苦しい状態を

作り出してしまうのです。

 

 

今、あなたが当たり前のように

猫背であったり、ランニングで

疲れてきたときに猫背になっていれば

 

 

それは苦しい状態を自ら

作り出していると言っても

おかしくありません

 

直して良い走りへ

f:id:goto-running:20170201145637j:plain

ランニング時に疲れて

猫背になってしまう人は

 

 

「肩甲骨を寄せる」

ことで猫背はなおります。

 

 

猫背になっているということは

首が前に出てきたり、肩が

前にきてしまっている状態です。

 

 

「姿勢をただそう」と思っても

どうすれば良いのかわかりません。

 

 

「肩甲骨を寄せよう」と意識することで

猫背がなおり、姿勢が良くなります

 

 

胸が開き、呼吸がしやすくなり

背筋がピンと伸びるので

体幹」で走れることになります

f:id:goto-running:20170204012758j:plain

 

猫背で走っているとそれだけで

自らを苦しめているのです。

 

 

楽に楽しく速く走れるあなたの姿から

遠ざけてしまっているのです。

 

 

 

また、普段から猫背だと

それだけで血行が悪くなったり

腰や膝に負担をかけてしまいます

 

 

普段から肩甲骨を寄せること

忘れないでください。

 

 

 

猫背の人は、必ず姿勢が悪いので

姿勢を正すことが大事になります。

 

 

普段から猫背でなく、肩甲骨を

寄せることを意識してピンと

背筋が伸びた美しい姿勢を維持

続けることが大事になります。

 

 

僕も、姿勢が悪いと感じたときには

グーっと肩甲骨を寄せていました

 

 

また、普段から猫背を治そう

という意識を持ち続け

改善することができました。

 

意識で今から変えられる!

f:id:goto-running:20170201152211j:plain


さっそく今から、肩甲骨を寄せて

姿勢をただしてください!



 

 

明日からでなく、

今すぐ始めてください。

 

 

そうすれば、あなたは若返ったかのように

気分もよくなり、楽になれます

 

 

走るときには気持ちが乗り

楽しく走ることができます。

 

 

また、疲れてきて猫背の癖が

出てきても意識することで

楽な姿勢で走り直し、呼吸もしやすく

楽しく走ることができます

 

 


最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

無料のランニングの極意レポートの受け取りはコチラから

↓ ↓ ↓

http://goto-running.hatenablog.com/entry/2017/03/04/230451