読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真逆の対処法!

 

こんにちは!

ランニングコーチの後藤です。

 

 

 

今回は脛の痛み(シンスプリント)の対処法

として患部を温める方法をお伝えします。

 

f:id:goto-running:20170201145557p:plain

 

 

えっ!?

前回はアイシングの仕方で

冷やすことを言っていたのに

温めたら真逆じゃん!

 

 

と思った方もいらっしゃると思います。

 

 

前回は冷やし方をお伝えしたのですが、

実は冷やすことと同じくらい

温めることは重要なのです!!

 

 

 

 

脛の痛み(シンスプリント)は

硬く緊張を起こしている筋肉が

収縮して、骨膜を繰り返し引っ張ることにより

炎症を起こして、痛むのです。 

 

 

なので筋肉を柔らかく柔軟にしない限り

シンスプリントは改善されないのです。

 

 

 

 

その筋肉を柔らかくする方法のひとつが

温めることなんです!

 

 

 

f:id:goto-running:20170201145620j:plain

料理をするときに経験があると思いますが、

 

冷凍庫で冷やして固まっている

牛肉を調理するとき、必ず温めて

お肉を柔らかくしませんか?

 

 

それと同じで人間の筋肉も

温めることで柔らかくなるのです。

 

 

 

 

では、次にどう温めるかですが

 

それは

 

・膝までの長い靴下を履く!

・マッサージをして血行をよくする!

です。

 

 

それだけで固まったふくらはぎ

の筋肉、脛の周辺の筋肉が

温まり柔らかくなります。

 

 

 

誰にでもできる簡単なことです。

 

 

 

膝までの長い靴下なんてかっこ悪い

と思う方はスパッツやふくらはぎの

サポーターをつけると良いでしょう

 

f:id:goto-running:20170201145637j:plain

アスリートではスパッツやサポーターを

使用している人も多いので

つけることでアスリートになった気分に

なりモチベーションもあがります

 

 

 

またマッサージも運動前には必ず

行うことにしましょう。

 

 

筋肉が温まっていない状態で

運動を始めるとシンスプリントに

非常にかかりやすくなります。

 

f:id:goto-running:20170201145702j:plain

なので、運動前はふくらはぎが温まるまで

やさしくマッサージをしましょう。

 

 

 

温め方を知るだけで痛みが

激減するのを実感できると思います。

 

 

ここまで読んでくださったあなたに

やってもらいたいことがあります。

 

 

今すぐ脚のふくらはぎを揉んで

血行をよくして柔らかくしてください。

 

 

 

 

そして、これからは運動前、

アイシング後の固まっている

筋肉を柔らかくすることを

忘れないでください。

 

 

こんな簡単なことで痛みが

減るなら、やらない手はないでしょう!

 

 

是非、練習に取り入れて

痛みをなくしていきましょう。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。