読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボロボロのパートナー


こんにちは!

ランニングコーチの後藤です。

 

 

「50%割引セール!!」

 


ランニングシューズを買いに行って

こんなセールしていたら
飛びつくように店に入って、

 

 

端から端までいいものがないか
探し回りますよね。

 

 

もし、気にいるシューズがなかったり
多少足に合わない感じがあっても

 

「せっかくだし、買っておこう」


なんて考えて買ってしまった

経験はありませんか?

 

 

 

ちなみに、これは昔の僕の話です。

 

 

f:id:goto-running:20170204010316j:plain


セールいいものなくてもシューズ

はとりあえず買う。

 

 

自分の中の勝手なルール

みたいになっていました。

 


ですが、こんなことを

していたらいけないんです。

 


疲労を溜めやすくしたり、

本来の力を発揮できなかったり
ケガを招いてしまったり。

 

 

安さに負けてケガをしてしまった

僕の経験があるので、このブログを

読んでいるあなたには、絶対に僕と

同じようになってほしくありません。

 

 

 

ということで今日は

 

 

 

「シューズ選びのコツ」

 

 


についてお話します。

 

f:id:goto-running:20170204010332j:plain

これを知っていればあなたは

快適に快速な動き、走りが実現できます

 


まるで体の一部となったか

のような感覚でケがをしなくなり、

疲労も溜まりにくくなります

 


本当に靴を履くことが

楽しみになるかもしれません。

 

 


逆に知らないようであればあなたは
走るときに違和感を覚えながら

走ることとなります

 

 

なにも考えずに楽しく走りたいはずなのに
足に違和感を覚えたり、疲労感に襲われたり、
本当に怪我をしてしまうかもしれません

 

 

何倍も疲れるためランニングを

するたびに疲労困憊になり、

走ることが嫌になります。

 

 

 

実際に僕は靴だけで走ることが

嫌になったことがあります。

 

 


重要でないようでかなり重要です。

 

 

これは自分の足に合った靴を

厳選するということです。

f:id:goto-running:20170204010346j:plain


もしあなたが

「どんなシューズでもいい」
「かっこいいデザインならそれでいい」

 


といいシューズを選んでいるなら
大きなドツボにはまってしまいます。

 

 

つまり、走る以上にしっかりとした

シューズを厳選し、そのシューズで

走ることがとても大切になります。

 


ではどうやってシューズを

選べばよいのかというと

 


シューズを選ぶ際は

必ず「試し履き」をします。

 


そして試し履きをするときは必ず

「夕方」

に行なってください。

f:id:goto-running:20170204010402j:plain


人の足は朝は小さく

夜は大きくなるのです。

 


それは自分の体重を支えているため

夕方になれば、一日中全体重を支えていた

足も少しは大きくなるからです。

 


つまりは、朝に履いて丁度いい

思っていても夕方に履くと

きつくなっているということです。

 


足が大きくなる夕方、

または午後に合わせてください。

 

 

シューズを試し履きしたときに

シューズのかかとに指一本入る程度の

大きさが目安となります。

 

 

また自分の足が幅広いのであれば

「ワイドサイズ」


狭いのであれば

「スリムサイズ」

を選び足に無理がない

シューズを選びましょう。

f:id:goto-running:20170204010426j:plain


ワイドなのにスリムを履くと、

かなりの圧迫感があります。

 


逆にスリムなのにワイドを履くと、
走る際に靴の中で足が

ズレるのでよくありません。

 


合わないシューズはケガの元です。

 

 

選ぶシューズはトップランナー

履くような軽くて薄いものでなく
しっかりとクッション性のあるシューズを選びます。

 

f:id:goto-running:20170204010538j:plain

 

しっかりとした筋肉がなければ
ケガの原因にもなるため、

足をしっかりサポートしてくれる
クッション性のあるもののほうが良いです。

 

 

あなたの足を守ってくれて
そして体の体重を支えてくれる

シューズ選びは
慎重でなくてはならないです。

 

 

しっかりと履いて、クッション性や

履き心地足に合っているかどうかを

確かめるようにしてくださいね。

 

 

安売りしている靴はクッション部分の

ゴムが劣化しまっていることが多いです。

 

 

売れ残ったことで、かなりの

時間が経っているので

仕方のないことですが

 


シューズの機能としては

落ちてしまっていることが多いので
自分自身の判断で買うか

買わないか決めてください。

 

 


それでもいいのか、なのか。

 

 


人それぞれではあるので。

 


僕自身は、購入しないようにはしています。

 

 

これからはシューズ選びを

しっかりとしてください。

 


そうすることで、あなたは走った分だけ

しっかりと力がつき知らない間に

大きな力をつけることができます

 

 


タイムも簡単に更新でき
走ることが楽しくなります。

 

 

ボロボロになるまでパートナー

として付き合う大事な靴は

慎重に選んであげてくださいね。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。